山登りへ行こう!〜あるスノーボーダーの休日2019 筑波山〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

 

西に富士、東に筑波。

2019シーズンオフ、8月11日(日)は「筑波山」にやってきました。関東+1ツアーの第二弾は茨城県です。

「筑波山」って、昔から『西に富士、東に筑波』って言われてるそうです。富士山と並び称されてるなんて凄いですねー。そんな「筑波山」を2日目に登ることにしました。今回はロープウェイもケーブルカーもなしで、とにかくひたすら歩きましたー^_^

「筑波山」

今回は、かわさきが登る「スノーボード休日編2019 筑波山」です!

【標高】877m

【最寄りのIC】常磐自動車道 土浦北IC

【駐車場】¥500

【今回の登山口】筑波山神社 登山口

1都6県+山梨周遊ツアーの2日目は、茨城県の「筑波山」です。朝0330に家を出発し、ひたすら国道6号線を北上します。途中諸事情ありまして、JR土浦駅によってから「筑波山」に0640到着。さーて、準備していきましょうかねー。ちなみに今回の「筑波山」は日本百名山の一つで、標高877mです。茨城県のシンボル的な存在といっても過言ではないでしょー^_^

登山開始!

出発地点はここ、筑波山神社の鳥居からです。現在0710。今日は「筑波山神社 登山口」から、のんびりいきますね。

「筑波山神社」

鳥居を通り過ぎると、筑波山神社です。登山の安全と、その他諸々お願いしておきましたよ。ちょっと願い事が多すぎたかも^_^

「御幸ヶ原コース」

少し歩くと登山道にでました。「御幸ヶ原コース」からスタートです。さて、どんなお山さんですかねー^_^

登山道に入ってすぐに、ケーブルカーが出現。赤色でカッコイイですね。今回は「筑波山」を全て歩いて回るつもりなので、ケーブルカーもロープウェイにも乗りませんよ。つか最近、歩けるところは歩くことにしているので、自分一人の時は乗ることはないと思います。乗りたい時は、歩くの嫌いな人を連れてくることにします^_^

で、概ねこんな感じの登山道でした。整備されていて歩きやすい登山道ですね。それと木々の中を歩くので、歩きながらの眺望は望めません。

途中、水場がありました。飲んでも大丈夫かわからなかったので、近くにいた方に聞いてみたら、「水飲みましたよー」とのこと。じゃあ大丈夫ですね、飲みましょー。こちらの水、冷たくて美味しかったですよ。

この後辛かったのが、木の階段。階段と階段の間隔が短くて、小刻みに登るのが辛かったです。息が上がるし、足は疲れるし。ここは、必殺【階段一段飛ばし】で進みますよー!

「筑波山頂駅」

階段一段飛ばしとピッチ歩行で登り、着きましたー。筑波山頂駅です!到着時間0840、およそ1時間半の道のりでした。ここが山頂かなぁー?では、せっかくなので眺望をっと。で眺めてみたんですが、この日はガスっていて眺望なしでした。

山頂駅を歩いていると看板があります。「男体山」山頂と「女体山」山頂への矢印が。なんのことだかさっぱりだったので、google先生の登場です。調べたところ、今いるところは山頂ではなくケーブルカーの山頂駅みたいです。それと、筑波山という山頂はなくて、先ほどの「女体山」がピークになるみたいです。山頂駅にある地図を見て、コース的に「男体山」へ先に行くことにしました。

「男体山」

約10分ほど登ると「男体山」山頂に到着。標高871mですね。ガスっていて眺望なしなので、先を急ぎます。

先ほどの筑波山頂駅に戻ってきました。あれ、なんかイベントでもするんですかね。テント建てたり、各種準備をされていました。とりあえず、イベント準備会場を通り抜け「女体山」山頂を目指します!

「女体山」

そして歩くこと15分、「女体山」山頂に到着。標高877mを踏みました。これで今日の目的は達成されましたー!それでは下りますよー^_^

下りはこんな感じでした。上りと違い、石が多かったです。この石の上を歩いて下りていきます。コース的には「白雲橋コース」を下って、途中「おたつ石コース」に連絡して、ロープウェイの「つつじヶ丘駅」まで下ります。

「ガマ大明神」

で、下りてきましたー。下りたところで上を見上げると、ガマ大明神が。後で知ったんですが、「筑波山」って「ガマの油売り」も有名なんですね^_^

「迎場コース」

そして最後は「迎場コース」を下り、途中で「白雲橋コース」に合流して「筑波山神社」に戻ります。あ、「筑波山」って万葉集にも謳われているそうです。「迎場コース」には万葉集が彫ってある石碑が何個かありましたよ。

無事に戻ってきましたー。最後に登山の安全のご報告とお礼をして「筑波山」登山終了です。

茨城の温泉「筑波山温泉 つくばの湯」

「筑波山温泉 つくばの湯」

【場所】茨城県つくば市筑波64-9

【営業時間】11:00-18:00

【料金】平日 ¥1,100、土日祝 ¥1,300

今日の温泉は「つくばの湯」にしました。こちらの温泉、アルカリ性単純温泉で無色透明な温泉です。お風呂の方は、内湯は大きめの一つ、小さいバブルバスと水風呂、露天は一つでした。温泉自体は熱くなくぬるくなく、ちょうどいい湯加減で、露天は筑波山からの風が吹いていて、涼しく入っていられました。難点を挙げると、ちょっと古めの施設だったので、ロッカーなどの設備は昔のカプセルホテルの設備みたいでしたね。あと、入浴料は観光地価格のためか、少しお高いと感じました。

茨城のグルメ「つくばうどん」

今日の昼ごはんは、「つくばの湯」で「つくばうどん」にしました。筑波山名物ってあったので、迷わずこれやねって感じです。注文してちょっと待ってると、きましたよー「つくばうどん」。お好みでごま油を入れてくださいとのことです、珍しい。まずは、何も入れずにつゆをいただくと、甘じょっぱい醤油ベースのつゆです。登山の後の体に沁みますねー。そして、ごま油を入れてみたら、あらビックリ。ごまの風味が「つくばうどん」にスッゴイ合います。これうめー。具材も野菜あり、鳥のつくねあり、豚バラあり。そして、うどんは茨城の小麦粉を感じるような^_^とっても美味しかったですよー。「つくばうどん」がマジうまかったので、施設の古さと相殺ですね。

「つくばうどん」¥980

栃木のグルメ「じとじとラーメン」

「やま吉塩原本店」

【場所】栃木県那須塩原市関谷1127-7

【営業時間】平日11:00-15:00、土日祝日11:00-19:00

さて、茨城県から次の目的地の栃木県に向かいます。途中、渋滞ですねー。ということで栃木県は那須に到着したのが1700ぐらいでした。車の運転しかしてないですが、腹減った。夕飯だー!いつも「南郷スキー場」から帰ってくるときに気になっていたお店がありまして。なんかラーメンがうまそーなんですよねー。その名は「やま吉」。

そして注文したのは、最後まで「ステーキ丼」と迷いましたが…。「ステーキ丼」はまた今度ということで「じとじとラーメン」に。ラーメンの上に背脂がガッツリ浮かんでいます。さっぱりスープに背脂で濃厚感がでていまして、ちぢれ麺にスープと背脂がよく絡んでおいしい。ヤバイ、スープを全部飲むところでした。

「じとじとラーメン」¥750

そんな「筑波山」山登りの1日でした。山登りを始めて数年経つんですが、行こう行こうと思いつつなかなか行けてなかった「筑波山」。よーやく念願叶いました。そして、記事中には触れてなかったですが、筑波山頂駅にはお店がいっぱいあって、ご飯食べたり、お土産買ったりとかも楽しいんだろうなぁーって思いました。そんな「筑波山」の山登りデータは以下となります。登りは「女体山」山頂までです。

【登り時間】0710-0925(135分)

【山頂滞在】0925-0935(10分)

【下り時間】0935-1100(85分)

【本日の歩数】約16,000歩

それでは、今日はこのへんで。第ニ日目、茨城県は「筑波山」でコンプリート!今日のMVPは「つくばうどん」ですねー。「筑波山」を差し置いてうどんがMVPです。それぐらいうまかったー。醤油ベースのつゆにごま油のハーモニーがサイコー!そして、明日は関東+1巡り第三弾。栃木県に行きます。行き先は「那須岳」!こちらも日本百名山の一つですよー。うまいもんはー、もう「じとじとラーメン」食っちまったけど^_^関東+1巡りツアーは、NEXT栃木。ではではまた明日、バイバイー!

広告
« »
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*