山登りへ行こう!〜あるスノーボーダーの休日2019 大菩薩嶺〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

 

2019オフシーズンの山登りは「大菩薩嶺」から!

2019シーズンオフ、5月12日(日)に「大菩薩嶺」にやってきました。今回はスノーボードはお休みして、山登りしたいと思います。

ここ数年、スノボのオフシーズンにゆる〜く山登りをしてまして。そして今年の第一回目は「大菩薩嶺」に登ることにしました。それでは、山登りスタートします!

「大菩薩嶺」

今回は、かわさきが登る「スノーボード休日編2019 大菩薩嶺」です!

【標高】2,057m

【最寄りのIC】中央道 勝沼IC

【今回の登山口】上日川峠

【駐車場】上日川第1~3駐車場 無料

今回はスノーボード休日編で山登りをすることにしました。一応、自分的には山登りもスノボのオフトレの位置付けにしていまして。BCとかやらないので、体力つく以外にスノボになんの効果があるかわかりませんが…。

で、今回登る山は「大菩薩嶺」です。前日は「カムイみさか」でハーフパイプをやっていまして、せっかく山梨まできてるので車中泊して山登りしようと計画しました。「カムイみさか」からの帰り道で、どこか良さそうな山はないかなぁーと探したところ「大菩薩嶺」が行きやすそうだったので決めましたよ。

そして山登り当日、車中泊で目覚めコンビニで朝ごはんを食べて「大菩薩嶺」の登山口の上日川峠到着が0730でした。既に多くの方が車を停めて準備をしていましたねー。皆さん朝早いですね。

登山開始!

それでは準備をして0750登山開始です。駐車場から少し歩いて、ロッヂ長兵衛の脇からスタートです。

こんな感じの緩やかな上りを歩いていきます。いやー、今日は天気が良くて朝の散歩が気持ちいいですね。

少し歩くと福ちゃん荘に到着です。これからが本番ですね。特に休憩もせず、さぁ登りましょー^_^

「表登山道」

今日は天気もいいので、富士山が見えるかもって事で、表登山道を登ることに。しばらく特に眺望のない緩やかな上りを歩くと…。

眺望が開けたところで右側を見てみると、うっすら富士山が見えましたー(画像だとわかりにくいですが、自分の目にはハッキリと見えましたよ)。いやー、富士山見るとなんかテンション上がりますねー^_^

「大菩薩峠」

さらにさらにしばらく歩くと、大菩薩峠に到着です。ここからちょっと急斜面ですね。ちなみにここまでくると、眺望がサイコーです。

大菩薩峠から、少し歩いたところからの景色です。画像だとわかりにくいですが、立派な富士山が見えますよー^_^

「親不知ノ頭」

「大菩薩峠」を登りきったら「親不知ノ頭」に到着。やっぱり景色サイコーです。

麓の町が一望できますよー。甲州市辺りですかね?

「賽ノ河原」

さらに進むと「賽ノ河原」へ。ここには山小屋らしきものがありましたね。

「賽ノ河原」を過ぎるとこんな感じの斜面を登ります。

そして、標高2,000m地点に到着。さらに進むと…。

「雷岩」

「雷岩」に到着です。ここではたくさんの方が景色を見ながら休憩したり、軽食を食べたりしてましたね。そして、ここまでくれば「大菩薩嶺」までもう少しです。行きましょー!

こんな感じの登山道を進んでいくと…。

「大菩薩嶺」

「大菩薩嶺」到着!やりましたー。さぁ、景色の方はと…。

まさかのなんも見えねー。木に囲まれていて、眺望ゼロです。せっかく頂上まできたので、ちょっとゆっくりしようかとも思ったのですが、やることもないので下山することに。ちなみに頂上の滞在時間は5分でした。では、下りましょー^_^

下山開始!

今きた登山道を戻ります。

「雷岩」の手前まで戻ってくると、登山道が二つに分かれています。帰り道は、登ってきた「表登山道」とは違う「唐松尾根」で下山することに。

「唐松尾根」

こんな感じのところを下っていきますよ。ちなみに下りの方が得意なので、ガンガン下っていきます!

ただ下ります。下り楽しー!

下っている途中に景色を見ると、遠くの街並みが近づいてきましたね。

ただただ下ります。

さらにガンガン下っていくと、ロッヂ長兵衛の登山道入口が見えてきましたー。これで「大菩薩嶺」の山登り終了です。駐車場に帰ってきた時間は1035でした。この時点で本日のミッション終了、早すぎる^_^まだ朝早いですが、とりあえず温泉に向かいましょー!温泉やってるかなぁ?

山梨の温泉「嵯峨塩鉱泉 嵯峨塩館」

今回の温泉は「大菩薩嶺」からの帰り道にあった「嵯峨塩鉱泉 嵯峨塩館」に立ち寄りました。この時点で1100ぐらいでしたが、表の看板に1100〜って書いてあったので大丈夫みたいですね。

「嵯峨塩鉱泉 嵯峨塩館」

【場所】山梨県甲州市塩山牛奥5532

【営業時間】11時~15時(土曜日のみ12時~15時)

【料金】¥700

こちらのお湯は鉱泉というものらしく、鉱物質を多く溶かしている湧き水のことみたいです。
嵯峨塩鉱泉は、高アルカリPh10.2の効能豊かなお湯だそうですよ。

で入ってみた感じですが、澄んだ透明なお湯で気持ちよかったです。温度の方も熱くもなくぬるくもなく、ちょうどいい感じでしたよ。そしてお風呂の構成は檜風呂の内湯と露天風呂が一つずつでした。両方ともあまり大きくはなかったですね。お風呂はよかったんですが、シャワーの出が悪いのが残念って感じでした。まぁ、澄んだ透明な鉱泉で洗い流せば済むことでしたけど^_^

ちなみに、こちらの鉱泉は飲めます。なのでもちろん飲んでみましたよ。美味しい水って感じでしたね。

山梨のグルメ「牛カルビ丼」

温泉の後は、昼ごはんですねー。昼ごはんは道の駅 甲斐大和まで戻ってきて「牛カルビ丼」にしました。

「道の駅 甲斐大和」

【場所】山梨県甲州市大和町初鹿野2248番地

【営業時間】0900-1800 駐車場、トイレは24時間

今日はどうしても肉が食べたくて「牛カルビ丼」をチョイス。そして、これがうまかったー。山登って温泉入ってからの昼ごはんだったこともあるんでしょうが、それ以上に体が肉を欲していたんだと思います。マジうまかったよー、また食べよ^_^

「牛カルビ丼」¥650

山梨のお土産「うらじろまんじゅう」

今回のお土産は「うらじろまんじゅう」にしました。道の駅 甲斐大和の入口に、1日数量限定「うらじろまんじゅう」って書いてあったので買ってみることに。こちらの「うらじろまんじゅう」を買おうって思って手にとってみたところ、ズシンと重い。これは、アンコがたっぷり入っているサインですかねー^_^

で家に帰って甥っ子と食べてみたところ、柔らかくてアンコたっぷりで激ウマッ!甥っ子くん、これ美味いやつやんって言いながら三つほど食ってました。残りは明日のお楽しみらしいです^_^あ、ちなみに「うらじろまんじゅう」って、野山にあるオヤマボクチ(通称ウラジロ)の葉を使ったまんじゅうだそうです。

「うらじろまんじゅう」¥650

そんな「大菩薩嶺」山登りの1日でした。今日は天気も良くて気温も暖かく、山登りには最適な日でしたね。ちなみに今日の「大菩薩嶺」の山登りデータは以下となります。

【登り時間】0750-0930(100分)

【山頂滞在】0930-0935(5分)

【下り時間】0935-1035(60分)

【本日の歩数】約14,300歩

それでは、今日はこのへんで。今回は今オフシーズン最初の山登りでした。登り始めるまでは、結構しんどいかなぁーとか思ってましたが、登り始めると山の空気が気持ちよくって、そして富士山が見えてきたらほんと楽しくなってきました。いやー、山登りって楽しいですねー。次回はどこ登ろっかなぁーなんて考えてます。ではでは、また来週お目にかかれることを楽しみに、バイバイー!

広告
« »
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*