ホワイトワールド尾瀬岩鞍へ行こう!〜2019-20シーズン スノボ40日目〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

 

尾瀬岩鞍は春シーズン。

2019-20シーズン スノボ40日目は、3月15日(日)に「ホワイトワールド尾瀬岩鞍」へ行ってきました。今回は「尾瀬岩鞍」でフリーランざんまいですよー。

長らく続いた「ハンターマンウテン塩原」の日々をお休みして、後輩くんとスノボします。その後輩くん、今シーズンあまり滑れてないみたい。ということで、せっかくだから長いコースをたくさん滑れるところがいいと思い「尾瀬岩鞍」を選択しました。そしたら、もう春シーズンに突入していてリフト券が安かったー。そんなお特に滑れる「尾瀬岩鞍」での1日をどうぞー。

「ホワイトワールド尾瀬岩鞍」

今回は、かわさきが行く「2019-20シーズン スノボ40日目 ホワイトワールド尾瀬岩鞍」です!

【場所】群馬県利根郡片品村土出2609

【営業時間】0815〜1645

【料金】春スキー料金 1日券 ¥4,300(通常は¥5,000みたいです)

駐車場 無料(春スキー時期なので無料。通常は土日祝¥1,000、平日無料みたいです)

さて、行きますか「尾瀬岩鞍」へ。都内で後輩くんを拾って、0530に関越イン。途中、赤城SAで朝ごはん(今日はブー太郎もつ煮定食でした)を食べて、「尾瀬岩鞍」到着は0800でしたー。もろもろ準備してゴンドラへ。今日の開始は0830。後輩くん、ほぼオープンラストで滑れるね^_^

昨日雪が降ったみたいなので、ハジパウを求めて、まず一番奥のコースを目指しますよ。ゴンドラに乗って「ななかまどコース」を滑って、さらにリフト二本を乗り継ぎ、とにかく奥へ進みます。

奥のコースに行くまでに、こんな平坦コースを滑ります。一気にいかないと止まりますよ。

そして、一番奥の「とちの木コース」に到着。だいぶ荒れていますが、まだまだハジパウが残っているみたい。さあ行こう、後輩くん。ということで、ハジパウ求めてレッツスノーボーディング。実際滑ってみると、案外ハジパウが残っていて楽しー。動画を撮ってあげようかと思ったら、あっという間にはるか先へ。早過ぎるよー^_^

で、もういっちょ同じリフト二本を乗り継ぎ、さっきのコースの手前にある「みずならコース」へ。こっちの方がハジパウが残ってるように見えますねー。ここも全開で滑り降ります。ハジパウ、サイコー!

そんな感じで、前半は奥のコースでハジパウを楽しんでいましたー。すると後輩くん、早くも腹減ったって。まだ1100前なんですけど…。まぁ、とりあえず軽く休憩しますかね。

ということで、こちら「リーゼンコース」の下にある「レストラン オクタ」へ。後輩くんがいろいろ調べて、ここがいいよってことで。

スキー場グルメ「焼きカレーパン」

で結局、少し早いんですが「レストラン オクタ」で昼ごはんにすることに。今日は限定10食に惹かれて「焼きカレーパン」にしましたー。今日こそはカツ丼にしようと思っていたのですが、限定10食には勝てず。

その「焼きカレーパン」、パンは柔らかくて美味しかったです。けどカレーがねー、少なかった。最後の方は福神漬けを山盛りのせて、福神漬けパンとしていただきました^_^

「焼きカレーパン」¥800

中盤戦はスイッチ縛りで。

それでは、早めの昼ごはんも食べたので中盤戦へ(この後、もう一回休憩を挟むので、前、中、後の3ステージとなります)。ここで、後輩くんが右膝が痛くてどうしようもないと言ってきました。以前から右膝が痛かったみたいですが、我慢してここまで滑っていたと。特にヒール側のターンが無理ってことです。じゃあ、右膝でターンしなければいいだけじゃんってことで、ここからはスイッチ縛りで滑りますよー。2人ともレギュラースタンスなので、ここからはスイッチして左足後ろにして滑りましょー。

ということで、スイッチ縛りでゴンドラ回しでいきますよ。滑るコースは「ミルキーウェイ」。とにかくゴンドラに乗って「ミルキーウェイ」を滑っての繰り返しです。

けど、スイッチ縛りって簡単に言いましたが、スイッチで滑るのって結構難しいんですよねー。まぁ、今まで少しは練習してきているので、ギリ滑れますけどねー。なので、最初はおっかなびっくりでソローっと滑っていましたが、慣れって凄いですね。一時間ぐらい経過すると、ブッ飛ばして滑り始めまして。もう、2人でレースする感じになってきましたよー。最初に後輩くんをいかせて、途中の急斜面で自分がぶち抜く。そして、セーフティーリードを保ちながら最後の直線へ。ここで、後輩くんがかっ飛んできて追い抜かれる。そして、ゴンドラ乗り場でゴールって感じです。途中までは自分の方が早いんですが、どうしても最後に差されるんですよねー。これはたぶん体重差があるからではないかと…。2人の間には約20キロの体重差がありまして、差される原因はたぶんそこだと思います。けど、20キロ背負って滑れないなー。次回までに柔よく剛を制す方法を考えてきたいと思いますね^_^

そんな「ミルキーウェイ」レースを楽しんでいたところ、また腹減ったって。今、1330なんですけど。休憩がてらケーキセットを食べるって。ということで、先ほども行った「レストラン オクタ」で休憩します。トイレに行って戻ってきたら、もう食い終わってるし。なんのケーキを食べたかは不明ですが、まぁご満悦の様子でしたね。

その後、後半戦も「ミルキーウェイ」レースでゴンドラ終了の1600まで滑り続けましたよ。で、ホントにラストでリフト一本おかわりして、本日は1620終了。ほぼオープンラストで滑れましたね^_^

群馬のグルメ「奥利根もち豚ロースカツ定食」

「金重」

【場所】群馬県沼田市白沢町高平26-8

【営業時間】【平日】昼の部 11:00~14:30、夜の部 予約のみ(閉店19:30)
【土日祝祭日】昼の部 11:00~14:00、夜の部 17:00~19:30

滑り終わって、やっぱり腹減ったって。どんだけ食えば気が済むのやら。まぁ、昼ごはんを食べている時から、行きたいとんかつ屋さんがあると力説していたのでそこに行ってみますかね。そのとんかつ屋さんの名は「金重」さん。いつも駐車場がいっぱいなんですよねー。帰り道に「金重」さんの駐車場を見てみると、おっあいてる。よかったねー、とんかつ食えるよー。そして、お店に入ってオーダーしたのは「奥利根もち豚ロースカツ定食」。ちなみに後輩くんは「超熟尾瀬ドリームポークロースかつ定食」をオーダーしました。2人で違う種類のとんかつをオーダーしたので、ひと切れ交換して実食。食べてみた感想としては、超熟の方が肉が柔らかかったですね。対して奧利根の方ですが、柔らかさは負けていますが、噛みごたえという点ではこっちですかね。どちらも、とてもおいしいとんかつだったので、是非数人で行って食べ比べてみるのも楽しいと思いますよ。あっ、お一人様の場合は何度か通う必要がありますね^_^

「奥利根もち豚ロースカツ定食」¥1,750

「超熟尾瀬ドリームポークロースかつ定食」¥1,800

そんな「ホワイトワールド尾瀬岩鞍」での1日でした。今日は久しぶりに後輩くんと滑るスノーボードでした。ハジパウから始まり、フリーランを楽しんだ後の、スイッチ縛りレース。一日中滑りまくって、そして最後は「金重」のとんかつ締め。ホント楽しい1日でしたー。きっと後輩くんも満足してくれたことでしょう。

それでは、今日はこのへんで。3月も後半戦に突入ですねー。今シーズンは暖冬の影響もあり、いつまでスノボできますかねー。まだ、早割リフト券が少し残っているので、スキー場がクローズする前に使わないと、なんてことも考えていたりして。けど、早割については三連休が終わってから処理したいと思います。三連休に関しては、少しでも状態が良さそうなところに行きたいと思いますよ。ではでは、雪解けがゆっくりになることを祈りつつ、また来週。バイバイー!

広告
« »
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*