ヤマボクワイルドスノーパークへ行こう!〜2019-20シーズン スノボ17日目〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

 

山奥のヤマボク。

2019-20シーズン スノボ17日目は、1月13日(祝)に「ヤマボクワイルドスノーパーク」へ行ってきました。三連休の最後は「ヤマボク」で過ごしますよー。

妙高から車を走らせ「ヤマボク」へ。道中、くねくねした山道を進んで行きますが、なかなか到着しないですねー。どこまで山奥に入っていくんだろ?って感じです。これで雪道だと、さらに運転がしんどいかなぁー。今回ばかりは雪が少なくて良かったかも。それでは、山奥の「ヤマボク」の1日のスタートです。

「ヤマボクワイルドスノーパーク」

今回は、かわさきが行く「2019-20シーズン スノボ17日目 ヤマボクワイルドスノーパーク」です!

【場所】長野県上高井郡高山村山田牧場3681-35

【最寄りのIC】上信越自動車道 須坂長野東IC

【営業時間】月〜金時 9:00~16:30、土日祝 8:30~16:30

【料金】リフト一日券 平日¥3,000、土日祝¥3,500

駐車場無料

ようやく到着しました「ヤマボク」。くねくねした山道を進み、温泉地を数カ所通り過ぎ、さらにスキー場を一ヶ所通過して、ようやく到着。現在0820、スキー場を見てみると、雪は結構あってしっかり滑れそうです。

それでは、本日は0850スタート。まずは第2ペアリフトに乗りますよ。

第2ペアリフトの下を見てみると、滑った後がありますねー。ここって滑っていいのかなぁ?

「ボーゲン」

まぁ、リフト下のことは置いといて、本日の一本目。リフトを降りて右にいき「ボーゲン」を滑りますよー。このコース、なだらかで足慣らしにはいい感じのコースでした。しかも朝イチの雪の状態がイイ!カービングが超絶イイ感じです。

もう一回、第2ペアリフトに乗り、今度は左側へ。リフトが見えたので乗りましょー。

第3ペアリフトに乗って、スキー場の1番上の方へ。こちらのリフト、珍しくシングルリフトでした。落ちないか心配で怖かったです。

「パノラマコース」

で、「パノラマコース」をいきます。ここにきたときには周りには誰もいなくて、滑った先はどこに行くのか不安しかありませんでした。事前にサラッとコースマップを見たとき、なんかよそのスキー場に行けるコースがあるよーってところだけ斜め読みしていまして…。ここ滑って帰れなくなったりしないよね。

途中「タコチコース」の看板がでてきました。ここですねー、違うスキー場まで滑っていけるコースって。けど、立ち入り禁止の看板があったのでやめときます。ん、じゃあ「パノラマコース」ってどこにでるんだろ?

さらに滑っていると、牛に注意の看板が。さすがに冬なので放牧はしていないと思いますけどねー。そういえば、冬の間は牛ってどうしてるんですかね?

そんな「パノラマコース」の最終地点。最後は登りが待ってましたー。板を外して歩いて登ります。

登り切ったら…。無事、元の地点に戻ってこれましたー。まぁー、よく考えたらスキー場を滑っているので、元に戻るのは当たり前ですね。要らぬ心配でした。ちなみに「パノラマコース」は林間コースになっていて、途中ショートカットできるところが何カ所かありましたよ。

そして第1ペアリフトに乗ることにします。このリフトで「ヤマボク」のリフトはコンプリート。リフト3本なんですね。

「クリスチャニア」

第1ペアリフトを降りると「クリスチャニア」にでます。急斜面ですが、雪の状態がイイのでカービングが超楽しい。

「ヴァルト」

もう一回第1ペアリフトに乗り、今度は「ヴァルト」へ。非圧雪のコースになっていて、僅かながらパウダーヤッホー感を楽しめました。

「ヒルシュ」

またまた第1ペアリフトに乗って、今度は「ヒルシュ」へ。こちらは、第3ペアリフト乗り場までの連絡コースですね。

「エアー」

第3ペアリフト乗り場にきたので、そのままリフトに乗って「パノラマコース」のショートカットできるコースを滑ることにします。まずは「エアー」から。急斜面でデコボコで難しかったー。

「スクリーン」

もういっちょ第3ペアリフトに乗って、今度は「スクリーン」へ。斜度はゆるかったですが、下はガチガチ。滑りにくかったですねー。ここらでお腹も減ったので、少し早めのランチにしますー。

スキー場グルメ「牛ハラミのステーキ定食」

どこかご飯食べれるとこはないかなぁーと探していたら、オシャレな感じのお店を発見。入ってみることにしましょー。こちら「Redwood」さん、外観もオシャレでしたが、内装も暖炉があったりとオシャレな感じ。

そして注文したのは「牛ハラミのステーキ定食」。ガッツリって感じではないですが、牛ハラミのステーキは美味しかったですよ。あ、水もオシャレな感じの瓶に入っていますね。

「牛ハラミのステーキ定食」¥1,300

午後の部は、まだ滑っていないコースへ。

さて、午後の部のスタートですー!

「ヒルズライト」

第2ペアリフトに乗って上がると、スノーボーダーの方がリフト下に入っていきましたー。いってもいいんですかねー?とりあえず、ついていくことにします。こちら、あとでわかったんですが「ヒルズライト」というコースみたいで、滑っていいところでした。そして滑ってみた感じは、パウダーが少しだけ残っていて気持ちよかったですよー。

その後、滑り続けて疲れがでてきたので、少し休憩することに。そういえば、トイレの入口付近に無料休憩所って書いてあったなぁーと思い出し、探しました。ちょっとわかりにくかったですが、トイレを出た少し奥に無料休憩所がありましたよ。

ここで初めてコースマップを眺めたんですが、ようやく「ヤマボク」の滑っていいところがわかりました。リフト下もコースになっていて、先ほどのコースはリフトを上から見て右側なので「ヒルズライト」と言うみたいですね。ちなみに13kmの超ロングコース「タコチコース」を滑るには、別途¥1,500が必要みたいです。こちらは次回のお楽しみにしておくことにします。「ヤマボク」の全容も分かったところで、残り滑っていないコースにいきましよー!

「ヒルズレフト」

こちら先ほどの反対側、リフトを上から見て左側の「ヒルズレフト」です。こちらも、まだまだパウダーが残っていましたー。

「ホーゲル」

第1ペアリフトを降りて、途中まで「クリスチャニア」と同じコースで、途中からわかれます。「ホーゲル」、ぐるっと回って第1ペアリフトのところに出る感じのコースでした。これにて、本日滑れるコースは全てコンプリートになりますー。

その後は、基本第1ペアリフトに乗って「クリスチャニア」でカービング、たまに「ヒルシュ」から「ボーゲン」を滑ってアンディって感じで楽しんでましたー。そして寒くなってきたので終了は1530。今日も1日楽しかったー^_^

長野の温泉「山田温泉 大湯」

「山田温泉 大湯」

【場所】長野県上高井郡高山村大字奥山田3580

【営業時間】6:00〜21:00

【料金】¥300

「ヤマボク」までくる途中にあった数ある温泉の中から、今日は「山田温泉 大湯」にいくことにしました。理由は、建物が立派だったから。こちらの温泉、泉質はカルシウム・ナトリウム塩化物泉だそうで、内風呂二つで「あつ湯」と「ぬる湯」がありました。「あつ湯」はその名の通りクッソ熱かったです。まぁ体が冷えて寒かったので、根性で入りましたけど。ちなみに、こちらアメニティがないです。野沢や草津の外湯みたいな感じでした。自分はいつも洗顔フォームだけ持って行ってるので、洗顔で顔と体を洗いましたー。さすがに頭は無理そうだったので、「あつ湯」でしっかりこすり洗いしましたよ。

長野のグルメ「山賊丼」

今日の晩ごはんは、東部湯の丸SAで「山賊丼」にしました。こちらの「山賊丼」、出てきてビックリ。デカイ、とにかくデカイです。どんぶりが、自分の顔よりデカイんじゃないかっていうぐらいデカイ。ご飯は1合ぐらいあるんじゃないかって感じです。こんなに食えねーよ、と思いながら食べていましたが、意外に完食できましたー。思った以上にお腹すいてたのね^_^

「山賊丼」¥790

長野のお土産「ごろごろくるみのそふとくっきー」

今回のお土産は、同じく東部湯の丸SAで「ごろごろくるみのそふとくっきー」にしました。ソフトクッキーの中に、キャラメルとくるみが入っているお菓子です。箱が可愛かったのでこちらにしたんですが、甥っ子くんにはこの可愛さは伝わらないと思います。

「ごろごろくるみのそふとくっきー」¥594

そんな「ヤマボクワイルドスノーパーク」での1日でした。「ヤマボク」はリフト3本のスキー場でしたが、そんなことは感じないぐらいさまざまなコースがあって、1日楽しめるスキー場でしたー。あと「タコチコース」は気づいたのが遅かったので、今回は見送りましたが、いつか滑ってみたいコースですねー。また来るよー「ヤマボク」。

それでは、今日はこのへんで。三連休も楽しくスノボができましたが、そろそろ「ハーフパイプ」がやりたくなってきました。けど、来週の天気予報も雪が降る気配はなく、まだまだパイプは無理そうです。と言うことで、来週はパイプは諦め群馬でスノボしたいと思いますよ。ではでは、また来週、バイバイー!

広告
« »
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*